口腔内を健康に保つには

虫歯や歯周病の予防

口の中の病気で、一番多いのは虫歯と歯周病です。
どちらも、歯に付着した歯垢の中で繁殖した原因菌が引き起こす病気です。
最も効果的なのは、毎日の歯磨きですが、ただ歯ブラシするだけではしっかりと歯垢を除去できない場合もあります。
特に、歯と歯の間や歯と歯肉の間に入り込んだ歯垢をこまめに取り除くには、ブラシだけでは不十分と考える歯医者さんも多いです。
デンタルフロスや糸ようじ、歯間ブラシなどを使ってきれいに取り除くように心がけると効果的です。
また、口の中の唾液には、歯の再石灰化を促進して歯の表面を守ったり、口腔内の細菌を洗い流したりする効果があります。
口の中が乾燥してしまわないように、適度な水分補給を心がけるようにしましょう。

定期的に検診を受ける

「痛みを感じたら歯医者さんへ行く」から「痛くならないために歯医者さんへ行く」という考え方に意識を変えている方も増えています。
「予防歯科」という考え方で、歯医者さん側からも、その重要性について多くの情報を発信しています。
日本に比べ、虫歯になる人の少ない北欧の国々、中でもスウェーデンでは、歯科定期健診を国が政策として義務化してます。
スウェーデンに比べると、検診のために歯医者さんへ足を運ぶ人は、まだまだ1/3程度であるといいます。
特に、歯周病は、痛みもなく進行し、悪化してしまうため、自分では気が付きづらい特徴があります。
定期的な歯科検診を受信し、口腔内のチェックやご自分の歯磨き方法に間違ったところがないか、など、専門家のチェックを受けるようにすることも、口腔内の健康維持には重要なんです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る